5回を2点に抑え、徳島の今季初勝利に貢献した先発の白川=高松市のレクザムスタジアム

7回裏2死二、三塁で3番望月を一ゴロに仕留め、ナインとタッチを交わす徳島の3番手河野=レクザムスタジアム

 徳島インディゴソックスは3日、高松市のレクザムスタジアムで香川を7―3で下し、今季3戦目で初勝利を挙げた。

 徳島は一回、佐藤の左中間への今季1号のソロ本塁打で先制。2―2で迎えた五回には佐藤の犠飛や押し出しの四球などで3点を加え、勝ち越した。八回には宇佐美の中越え2点三塁打で突き放した。

 開幕戦以来2戦目の先発マウンドとなった白川は、制球がやや不安定だったものの大崩れはせず、5回を2失点に抑えた。継投した中山、河野、福永も香川の追撃を許さなかった。