薬王寺をバックに電動バイクに試乗するかめたろう(中央)ら=美波町奥河内

 四国霊場23番札所・薬王寺や大浜海岸、日和佐城など、徳島県美波町に点在する観光スポットを気軽に訪れてもらおうと、町は8日から電動バイクのレンタルを始める。新型コロナウイルス対策として、密集を避けながら観光地への移動に利用してもらう。

 1回の充電で30キロ走行できるブレイズ社製の「スマートEV」3台を約70万円で購入。門前町・桜町通りの活性化に取り組む住民団体「発心の会」に運営を委託した。

 水~日曜の午前10時~午後5時、1時間2千円で貸し出す。平日乗り放題のプランもある。運転には原付免許が必要。桜町通りにある門前町再生交流オフィスで申し込みを受け付ける。

 発心の会会員で地域おこし協力隊の西蔵祥大さん(27)=奥河内=が企画し、町に提案。町は薬王寺に偏りがちな観光客を他の観光スポットにも広げる契機にしたいと企画を採用した。1年をめどに、各地への誘客効果や貸し出し実績を検証する。

 3日に試乗会があり、町のPRキャラクター「かめたろう」らが薬王寺や大浜海岸付近で乗り心地を確かめた。

 西蔵さんは「町は山や海など豊かな自然がコンパクトにまとまっている。気軽に足を延ばし魅力を感じてほしい」と話している。