小松島市立江町の産直市「みはらしの丘あいさい広場」

 徳島県は4日、小松島市立江町の産直市「みはらしの丘あいさい広場」内の鮮魚店で2日に購入した刺し身を食べた60代男性が胃痛などの食中毒症状を起こしたと発表した。男性の胃からは寄生虫「アニサキス」が検出された。男性は既に回復している。

 県安全衛生課によると、男性は2日夜にマグロの刺し身やサワラのたたきなどが入った盛り合わせを食べた後、胃痛や下痢の症状が出た。3日朝に医療機関を受診したところアニサキスが検出されたため、医師が徳島保健所に連絡した。

 県は同店の冷凍品を除く魚介類販売について4日の1日間の営業停止処分にした。