徳島板野署

 自宅で1歳の次男を床に放り投げて頭の骨を折るなどのけがを負わせたとして、徳島板野署は4日、徳島県藍住町の無職の男(21)を傷害の疑いで逮捕した。次男は意識不明の重体。男は容疑を認めている。 

 逮捕容疑は、3日午後2時15分ごろ、自宅アパートの部屋で次男を床に放り投げ、後頭部の骨折や外傷性くも膜下血腫などの傷害を負わせたとしている。

 署によると、男は妻(20)と長男(3)、次男の4人暮らし。事件当時、妻は私用のため外出していた。夕方、妻が帰宅したところ、男は「次男がずっとぐずっている」と説明。妻は次男をあやしたりミルクを飲ませたりしていたが、首の力が抜けて意識をなくしたため、午後6時すぎに119番した。搬送先の病院で「転倒などでできるけがではない」と虐待を疑い、県中央こども女性相談センターに連絡し、センターが徳島板野署に通報した。

 署が4日未明、男に任意同行を求めて事情を聞いたところ「床に放り投げたのは間違いない」と暴行を認めた。次男は後頭部以外にけがはなかった。

 男は普段から子どもの世話をしており、妻が働いていた。昨年5月、子ども2人の前でけんかをした男と妻が互いに署に通報したことがあった。署は子どもにけんかを直接見せたことが心理的虐待に当たるとして、県中央こども女性相談センターと藍住町役場に連絡した。当時、子ども2人の体にあざなどはなく、虐待をうかがわせる状況はなかったという。

 署は動機などを調べている。