後藤田正純氏

 自民党徳島県連幹事長の嘉見博之県議が次期衆院選の徳島1区から飯泉嘉門知事の出馬を望む発言をしたことに対し、1区選出で自民党現職の後藤田正純衆院議員が4日、徳島新聞の取材に「反党行為で党除名に値する」と厳しく批判した。県連会長の山口俊一衆院議員(徳島2区)は「県連の意見とは別」と強調し、あくまで嘉見氏の個人的見解との認識を示した。

 後藤田氏は嘉見氏の発言について「明らかに立場を越えている」と不快感をあらわにした上で、県連の在り方に触れ「政党政治というより、知事との政治に偏りすぎている。なれ合い県政のなれの果てかと改めて感じた」と指摘した。

 さらに、「私が党本部から1区の公認を頂く予定になっている」との見通しを示し、仮に知事が出馬を決めた場合には「受けて立つし、望むところ」と対決姿勢を鮮明にした。

 山口氏は「県連としての方針を打ち出すなら事前に相談があるはず。何も聞いていない」と語った。

 また1区からの出馬を模索している福山守衆院議員(比例四国)は「嘉見氏の思いを述べたのだろうが、大きな発言ではある」と受け止め、知事の国政転身に関しては「ご自身が判断すること」と話した。

 嘉見氏は3日夜に出席した同僚県議の県政報告会で「希望としては(知事に)徳島1区で出てほしい」との考えを明らかにした。