鳴門縁の会が設置した顔出しパネル=鳴門市鳴門町土佐泊浦のエスカヒル鳴門

 徳島県鳴門市の住民団体「鳴門縁(えにし)の会」は、市内の観光施設や商店街など4カ所に市の魅力をPRする顔出しパネルを設置した。

 なると金時、鳴門わかめ、渦潮のイラストなどをデザイン。観光地や飲食店を紹介するQRコードも載せた。2、3人で記念撮影ができる。鳴門公園内の観光施設「エスカヒル鳴門」、ウズパーク内のサイクルステーション、大道銀天街、市役所に置いた。

 4枚のパネルで撮影して写真投稿アプリ「インスタグラム」に投稿してもらうキャンペーンを6月末まで実施している。鳴門縁の会のアカウントをフォローし「#鳴門縁の会」のハッシュタグ(検索目印)を付けて応募すると、抽選で約30人に市内の商店や飲食店で使えるクーポンが当たる。

 縁の会の四宮弘貴会長は「コロナ禍で集客イベントが難しい中でも、市内の見どころをPRしていきたい」と話している。