納田明豊さん。「個人のファンを作りたい」という思いが強く、地元優先で提供している。

納田牧場の納田明豊さん(41・上板町在住、兵庫県出身)

 徳島産のブランドポーク「阿波の金時豚」は、赤身が多く脂が甘いのが好評。なると金時を飼料に取り入れ、大切に飼育、生産しているのが納田明豊さんだ。

 県外の企業で管理職に就いていた納田さんが転身したのは27歳の頃。妻の実家が養豚業を営んでおり、先代が廃業にしようとしていたところを引き継いだ。「美味しいのは知っていたし、その技術を絶やしたくなかったんです」。徳島の豚肉の知名度を上げようと思案し、ひらめいたのがなると金時だった。「県外でも有名ななると金時を食べて育った豚といえば、手を伸ばしてもらうきっかけになる。ダメなら変えようと思ってたんですが、肉に赤身が増して美味しくなったんです」と目尻を下げる。

 2年目には「阿波の金時豚」を販売するアグリガーデンを開店させた。「飼育から肉のカットまで手がけることで、肉質の状態が把握できるんです」。徐々に販売数は伸び、2019年には豚舎を新築し、飼育頭数を増やした。近い将来、さらに増築し規模を拡大するつもりだ。「ゆくゆくは豚糞の堆肥で野菜を作って販売したり、金時豚や野菜が食べられる場所も作りたいです」。

 「こうやって仕事ができるのは地域の人のおかげ」と力を込める。自らも地域に貢献できればと様々な活動をしている。上板町高志小学校では「命の授業」を実施。豚舎見学、出荷前のお見送り、調理実習や給食を経て子どもたちに「循環」の大切さを伝えている。

>>一緒に働くスタッフ募集中!
問い合わせはアグリガーデンまで
徳島県阿波市吉野町西条西姥御前98-1
088-696-2983
営業時間=10:00~18:00、
土日10:00~17:00(売切まで)
定休日=水曜休