代表の北條誠一さん。修学旅行生の受け入れなど地域と連携した活動をしている。

摘んだいちごでスイーツづくりができる。3月は森行朝日堂(阿南市)のシューキットが用意されている。

 阿南市総合体育館サンアリーナの向かいにある観光農園「サニーズファーム」。今シーズンもハウスの中では真っ赤に色づいたいちごが迎えてくれる。「阿南の竹炭で濾過した水を使い、体に優しいいちごを作っています」と話すのは代表の北條誠一さん(50・阿南市出身)。紅ほっぺ、さちのかなど5品種が栽培されており、なかでも珍しいのはロイヤルクイーン。果肉が柔らかく豊かな甘さが特徴だ。いちご狩り(1時間食べ放題)では3品種が食べ比べできる。収穫だけでなく、スイーツ作り体験ができるのも魅力。月替りで阿南市の和洋菓子店とコラボしたキット(400円)が用意されている。3月は「森行朝日堂」のシュークリームキット。摘んだいちごと生クリームでシュー皮をデコレートしていくのが楽しい。

 無添加の加工品にも力を入れている北條さん。摘みたていちごをてんさい糖とレモン果汁のみでジャムにした「叶夢」(800円)、炭酸やお酒で割ったりアイスにかけるいちごシロップ(1300円)や、かき氷シロップ(1300円)などは贈り物にも選ばれている。新発売されたのが、新鮮ないちごを冷凍してスライスした「まんまけずり苺」(400円)。程よく自然解凍して練乳をかけて食べるのがおすすめ。また、米農家でもある北條さんがドローンで酵母を散布して育てた阿南産米を使用し、麹だけで作った純米甘酒アイス(350円)も注目だ。低温調理した甘酒を即冷凍したアイスは、ビタミンやミネラルが豊富でまろやかな口当たり。湯せんしてホットで味わうのもいい。「無添加で体にいいから、罪悪感がない。甘味料は何も足していない、ギルティフリーな食品なんです。今後も健康、美容、アレルギーなどをキーワードに商品を作っていきたいと思っています」。

 サニーズファームの商品はオリジナルブランド「邪馬台(やまと)の朱(あか)」シリーズとして展開。これは阿南の若杉山で「辰砂(しんしゃ)」といわれる赤色顔料の「朱」の原料が出土したことに由来している。北條さんは、阿南から新たな名物を発信すべく情熱を燃やす。次なる商品の企画もすでに進行中だとか。

いちご狩り(5月末頃まで)
予約/完全予約制
開催日時/土日祝の10時、11時、13時、14時(制限時間60分)
料金/中学生以上2400円、小学生以上1200円、3歳以上800円、3歳未満無料。手づくりスイーツキット400円

住所=徳島県阿南市七見町深江541
090-9458-1325
営業時間=直売(黄色の車)は9:00~15:00
定休日=不定休

駐車場:あり
キッズスペース:なし
多機能トイレ:なし
開園:2019年
Wi-Fi:なし