後藤田正純氏

 自民党徳島県連の嘉見博之幹事長が次期衆院選の徳島1区から飯泉嘉門知事の出馬を望む発言をしたのを巡り、1区選出で同党現職の後藤田正純衆院議員が5日、県連会長の山口俊一衆院議員(徳島2区)に、嘉見氏を更迭するよう申し入れた。山口氏は徳島新聞の取材に対し、「個人の見解を述べるのは自由」との認識を示した。

 後藤田氏は「県連幹事長の『反党行為』への処分について」と題した文書を送付。「国政選挙に向けての結束を担う立場を全く自覚していない」などとして更迭を求めた。さらに、嘉見氏が「徳島には官僚出身の国会議員がいない」と発言したのも「民主主義を軽んじ、全ての県選出国会議員、有権者を冒涜(ぼうとく)した」として問題視し、「『除名』を含めた厳正なる対応を求める」とした。

 山口氏は「嘉見氏に伝える」としながら、処分の必要性については「県連として(知事が1区から出馬する)方向に持っていく意図があるわけではないし、重大な反党行為になるのかどうか」と述べた。