上勝町役場

 任期満了に伴う上勝町長選が6日、告示された。3期目を目指す現職の花本靖氏(63)=旭=と、第三セクター・もくさん元社長の新田勝憲(かつのり)氏(71)=福原=の2人が立候補し、28年ぶりの選挙戦となった。現町政に対する評価が主な争点で、両者の論戦が繰り広げられる。投開票日は11日。

 両陣営とも、福原に構えた選挙事務所の敷地で出陣式を行った。両候補者は第一声の後、選挙カーで町内全域を巡り支持を求めた。

 花本氏は出陣式で、現在の町人口1500人が2040年には700人となる研究データがあるとして「少子高齢化が町の重要課題だ。次の4年間で公営住宅整備や教育環境を良くして、人口千人を維持し続けられる町にしていきたい」と力説した。

 新田氏は第一声で、ごみの分別と持ち込みが高齢者の負担になっているとして「検討委を設置し、早急に対策を取る」と支援の必要性を強調。第三セクター維持などに計12億円を支出したと現町政を批判し「金の垂れ流し。むだのない町政を行うべきだ」と断じた。

 投票は11日午前7時から午後8時まで、町内5カ所で行われる。開票は町コミュニティセンターで午後9時15分から。

 期日前投票は7~10日の午前8時半から午後8時まで、町役場で受け付ける。5日時点の有権者数は1371人(男656人、女715人)。