徳島県は6日、新型コロナウイルス感染が5日に確認された10~70代の12人について詳細を発表した。このうち3人が中等症、他の9人は軽症か無症状という。

 感染者は▽鳴門市の10代の会社員と高校生の姉妹▽徳島市の20代女子大学生2人▽同市の40代女性パート従業員▽同市の50代自営業男性▽同市の50代男性会社員▽鳴門市の60代自営業男性▽藍住町の60代自営業女性▽鳴門市の70代女性2人▽徳島市の70代女性。

 鳴門市の70代女性2人はクラスターが(感染者集団)が発生した南海病院(鳴門市)と鳴門山上病院(同)の入院患者。徳島市の40代女性パート従業員は県が3日に認定した会社クラスターの関連。徳島市の20代女子大学生のうちの1人は3日に感染が確認された徳島市の30代男性の友人という。

 クラスターの規模は南海病院関連が46人、3日に認定した会社クラスターは7人。県内の感染者は累計605人となった。