新型コロナウイルスワクチンの高齢者への接種が12日、徳島市と阿南市を皮切りに徳島県内で始まる。徳島市では、丈六町山根の介護老人保健施設「リハビリセンターグリーン丈六」で、入所者や施設職員が1回目の接種を受ける。阿南市は接種場所を公表していない。

 徳島、阿南両市によると、1箱195瓶入りのファイザー製ワクチンは8日、両市に1箱ずつ届く。1瓶当たり5回接種可能な注射器を使うため、1箱は975回分となる。

 徳島市の1箱は佐那河内村にも配分する。村での接種開始時期は5月以降となる見通し。

 ワクチンは1人2回接種する。65歳以上の高齢者へ2回目の接種が終わる時期について、徳島市は「国から予定通りワクチンが供給されれば、9月末までには終えられる」と見込む。阿南市と佐那河内村は接種終了時期は未定としている。