阿波おどり会館前に設置した案内版=徳島市新町橋2

 阿波踊りの歴史や文化を国内外の観光客に分かりやすく伝えようと、徳島市は中心部4カ所に日本語と英語の観光案内板を設けた。

 主要観光地を周遊しやすいように、阿波おどり会館前と眉山山頂展望台、徳島城博物館前、新町橋東公園に設置した。阿波踊りと徳島藩との関わり、戦後の発展の歴史などを紹介。案内板や観光地の場所を記した地図も付けた。

 阿波おどり会館前の案内板(高さ220センチ、幅70センチ)は編みがさ、眉山山頂展望台の案内板(高さ100センチ、幅160センチ)は山の形など、設置場所をイメージしたデザインにした。