5月21日放送『金曜ロードショー』にて映画『アラジン』がテレビ初放送 (C)Disney Enterprises, Inc

 ディズニーの実写映画『アラジン』が5月21日に日本テレビ系『金曜ロードショー』(毎週金曜 後9:00)でテレビ初放送されることが決定した。本編ノーカット35分拡大で放送される。アニメ映画版と今作の吹き替えで、ランプの魔神・ジーニーを演じる山寺宏一からコメントも到着した。

【写真】アラジン&ジーニーの吹き替えを務めた中村倫也と山寺宏一

 1992年に公開されたアニメ映画は、主題歌の「ホール・ニュー・ワールド」がアカデミー賞歌曲賞を受賞するなど大きな話題となり、大ヒットを記録。その『アラジン』が27年の時を経て完全実写化。日本での興行収入はその年の実写映画として第1位となる、121.6億円の大ヒットとなった。おなじみのミュージカルナンバーに乗せて、胸躍る“冒険アクション”と身分を超えた“真実の愛”を描いたエンターテインメント作品だ。

 今作でジーニーを演じたのはウィル・スミス。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー、もちろん音楽はアニメーションから引き続き、巨匠アラン・メンケンが手掛ける。吹替は、山寺のほか、アラジン役に中村倫也、ジャスミン役にミュージカル俳優の木下晴香、主人公アラジンの敵となる邪悪な大臣ジャファーは北村一輝が演じている。

 山寺は「僕の声優としての願いをたくさん叶えてくれた『アラジン』その実写版の地上波放送は日本中を元気にしてくれるとマジで信じています! まだ一度も観てない方はもちろん、字幕版しか観てない方も、大好きで何度も観ている方も、同じ時間に観て一緒に楽しみましょう!」と呼びかけている。

 5月28日には、同じくディズニー・アニメーションの名作『101匹わんちゃん』のヴィランを主人公にした実写映画『クルエラ』が公開される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。