火災のあった雑居ビル=3月14日、徳島市

 徳島市の雑居ビルで地元アイドルグループのライブ中に起きた放火事件で、現住建造物等放火などの疑いで逮捕された牟岐町、無職の男(38)が調べに対し「(アイドルに)無視されて腹が立ち、火を付けた」などと供述していることが9日、関係者への取材で分かった。数年前には会員制交流サイト(SNS)でアイドルグループのメンバーを中傷していたことも判明。妄想的に恨みを募らせて犯行に及んだ可能性が浮上している。

 男は、36人が死亡した京都アニメーション放火殺人事件を模倣したとする趣旨の供述をしていることも分かった。

 関係者によると、男は数年前、ツイッターでアイドルを中傷する内容の投稿と削除を繰り返した。アイドル側は男を刺激しないよう、メッセージへの返答を控えるようになった。

 その後に男がイベントを訪れた際、アイドル側は中傷をやめるよう求めた。男はアイドルについての持論を展開し「裏切られた」などと主張した。この出来事以降、中傷する投稿などはなくなったという。

容疑者を鑑定留置/徳島地検

 徳島地検は9日、男を鑑定留置したと発表した。8日に徳島簡裁に請求していた。

 期間は9日から7月12日まで。医師が刑事責任能力の有無を調べる。