(左から)緒方恵美、庵野秀明氏、鶴巻和哉氏、前田真宏氏==『シン・エヴァンゲリオン劇場版』大ヒット御礼舞台あいさつ (C)ORICON NewS inc.

 アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の大ヒット御礼舞台あいさつが11日、東京・新宿バルト9で行われ、庵野秀明氏(総監督)、鶴巻和哉氏(監督)、前田真宏氏(監督)、緒方恵美(碇シンジ役)が出席した。

【動画】『シン・エヴァ』庵野秀明ら監督陣が作中の小ネタを暴露

 トークセッションでは、制作秘話を中心に花を咲かせ、劇中に散りばめられている“小ネタ”が話題に。これに鶴巻氏は「先日、ネット特番みたいなものの司会をやられていた(フリーアナの)松澤千晶さんが、碇ゲンドウが脳みそを拾うシーンがあって、そこで面白い考察をされていた」と切り出す。

 続けて「あそこのシーン、実は脚本にないんですよ。前田さんが書かれているイメージボードにあったシーンを、よかったので絵コンテにそのまま使っている」と明かすと「松澤さんの考察では、碇ゲンドウが人間じゃないものになってしまったんだけど、ユイのことを忘れたくないので、脳みそを拾うと。それめっちゃいいなと思って…。僕はそこまで踏み込んで考えていなかった」とぶっちゃけた。

 結果的に松澤の考察に感銘を受けた鶴巻氏が「これを公式の小ネタに…」と認定。進行役の緒方が「後付けに近いですね!」と笑うと、前田氏は「皆さんの考察・観察の方が鋭くて、先を行っていることがあります。そういう事が多いんです」と笑顔で話していた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。