試合後、健闘をたたえ合う甲本ヘッドコーチとロドリゲス前監督 =さいたま市の埼玉スタジアム

後半、徳島の宮代(中央)がクロスのこぼれ球に反応しシュートを放つもゴールならず=さいたま市の埼玉スタジアム

徳島対浦和 前半、宮代(右)がクロスに飛び込むも相手GKに阻まれる=さいたま市の埼玉スタジアム

  サッカーJ1の徳島ヴォルティスは11日、さいたま市の埼玉スタジアムで浦和に0-1で敗れた。連勝は3で止まり、通算成績は3勝2分け4敗(勝ち点11)となった。後半15分にCKから失点し、昨季まで徳島の指揮を執ったロドリゲス監督が率いるチームを相手に悔しい敗戦となった。

 前半立ち上がりから出足鋭くプレスをかけ、ボール保持率で上回って主導権を握った。MF渡井理己やFW宮代大聖が決定機をつくったものの、浦和の日本代表GK西川周作に阻まれた。0-0で折り返した後半は、浦和のプレスが厳しさを増して効果的にボールを回せなくなる中、セットプレーで失点。最後まで手堅く守られ、逃げ切られた。

徳島 0-1 浦和
 前 0-0
 後 0-1

【得点者】浦和=関根貴大(後半15分)