会見で新たなクラスター(感染者集団)について説明する飯泉嘉門知事=11日午後4時55分ごろ、徳島県庁

 徳島県は11日、20~70代の男女16人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。今回の感染者とは別に県は調査の結果、徳島市の飲食店5店にまたがる関連クラスター(感染者集団)を認定したと報告。クラスターは県内18例目。直近1週間(4~10日)の新規感染者数は107人となり、6日連続で最多を更新した。

 県によると、飲食店クラスターは7日に感染が判明した徳島市の60代自営業男性を起点に、男性やその接触者が複数の店を行き来した結果、10日までに50~60代の男女計11人に感染が広がった。5店の中には接待を伴う店も含まれていたという。店舗名は「積極的疫学調査を継続中」として公表していない。

 11日に発表した16人のうち、徳島市の60代女性会社員は、9日に感染が分かった同市の60代男性と同居する妻。同市の40代女性会社員は男性の娘で、別居している。吉野川市の70代女性は同日に感染が判明した吉野川市の70代男性と同居する妻。徳島市の40代男性会社員は7日に感染が確認された徳島市の20代男性会社員の同僚だった。

 16人はいずれも軽症か無症状。県内の感染者は累計693人となった。病床使用率は53・5%と前日より0・5ポイント下がったが、依然として政府の感染症対策分科会が示す「ステージ4」(50%以上)に該当している。