(左から)森七菜、神尾楓珠

 CMに関する調査を行うCM総合研究所は、2021年3月度(調査対象期間:2021年2月20日~3月19日)の「商品・サービス別CM好感度ランキング」を発表。期間内に東京キー5局でCMを放送した銘柄のうち、森七菜と神尾楓珠が出演する『NTT DOCOMO』のCMが1位となった。

【ランキング表】おなじみ三太郎シリーズや広瀬すず出演CMも!3月度CM好感度トップ10

1位:『NTT DOCOMO』 YOASOBI楽曲「三原色」話題 森七菜&神尾楓珠出演CM

 新TVCMは、ドコモの通信品質などデジタルネイティブ世代にフィットする「ahamo」の魅力を、森七菜&神尾楓珠の“デジタルネイティブ世代コンビ”がアピールするシンプルなストーリー。CM内では、YOASOBIが「ahamo」のために書き下ろし話題となった楽曲「三原色」が流れている。

2位:『SoftBank』 “ドラえもん” 実写化テレビCMシリーズ最新作

 ブルース・ウィリスがドラえもんを演じるソフトバンクCMシリーズ。5Gスマホをドラえもんに見立てて、「5Gスマホ=ドラえもんと一緒に生活することと同じくらい便利」というメッセージを伝える。未来ののび太役の堺雅人、しずか役の上戸彩、スネ夫役の古市憲寿とドラえもんが、中学生ののび太を演じる鈴木福が新しく手に入れた5Gスマホを見てトークを展開する。「手の中にドラちゃんがいるのと同じ」という未来のしずかの一言によって繰り広げられる、ドラえもんのユニークな想像の世界も見どころ。

3位:『Y!mobile』 「シェ~~!!」CMで叫ぶ 豪華キャスト陣がノリノリのダンス

 天才バカボンの音楽に合わせて赤塚不二夫キャラクターに扮した豪華キャスト陣がノリノリのダンスを披露する「Y!でいいのだ」シリーズ。CMでは、出川哲朗がバカボンのパパ役、芦田愛菜がバカボン役、片岡愛之助がイヤミ役を演じ“ワイモバイル”ならではの魅力を伝えている。

4位:『KDDI』 “乙姫”菜々緒が“一休ちゃん”岡山天音にブチ切れ

 松田翔太が桃太郎、桐谷健太が浦島太郎、濱田岳が金太郎に扮するau「三太郎シリーズ」。初めて竜宮城を訪れた一休ちゃん(岡山天音)に乙姫(菜々緒)が「特別に一杯サービス!」ともてなすが、「い~っぱいですよね?」と、とんちを利かせておかわりを求める一休ちゃんに、乙姫が一喝。迫力満点で怒る乙姫に一休ちゃんはじめ、桃太郎や浦島太郎もタジタジに……。

5位:『日清食品』 庄司智春がモー娘。代表曲とともにコミカルにPR

 日清食品『カップヌードル 欧風チーズカレー』のCMでは、品川庄司の庄司智春が、“チーズ星人”とともにコミカルに商品をPR。さらに、CMで歌われているのは、モーニング娘。が2000年5月にリリースした9枚目のシングル「ハッピーサマーウェディング」の替え歌ヴァージョン。ちなみに、オリジナル曲の発売当時はモー娘。に “ミキティ” (庄司智春の妻の藤本美貴)は在籍していないが、同曲はミリオンヒットを記録し、以来、歴代のモー娘。でもよく歌われるグループの代表曲となっている。

6位:『AGC』 広瀬すず、髪切って新CM リズムやかわいらしい表情も必見

 髪をカットした新ヘアスタイルで撮影に臨んだ広瀬すずが、AGCのCMキャラクターとして初登場。「AではじまりCでおわる素材の会社はAGC」とシンプルながらも耳に残るフレーズに合わせて、企業ロゴの札を上げ下げするリズムや広瀬のかわいらしい表情も必見。

7位:『HARIBO』 “ヨーロッパNo.1グミ”日本初TVCM公開

 2020年に創業100周年を迎えたドイツの菓子メーカーで、グミ製品の世界的なトップメーカー・HARIBOが、日本初となるCMを公開。CMでは、カラフルな浴衣に身を包んだ4人の相撲取りが登場し、相撲取りの声を子どもたちが担当する。「HARIBO ゴールドベア」の袋を分け合い、また、お菓子で相撲を取りながら、そのおいしさ、味のバリエーション、プニプニ食感などについて語り合う。「子どもも大人も幸せにする」ということを、説得力のある形で表現している。

8位:『全国都道府県及び全指定都市』 妻夫木聡「ツッコミが下手だな」 豪華俳優&女優ズラリ

 妻夫木聡、吉岡里帆、今田美桜、成田凌、矢本悠馬と豪華メンバーが出演する『バレンタインジャンボ宝くじ』CM。妻夫木ら男兄弟のバレンタインの話題が“バレンタインジャンボ宝くじ”で、吉岡が「いや、宝くじかよ」「いや、何の勝負かよ」「いや、買ってるのかよ」とツッコミ。妻夫木が真顔で「ツッコミが下手だな」と返すと、吉岡も「いや、うまいだろ」とまたツッコミいれるなどコミカルに描かれている。

9位:『日清食品』 ジャンポケのユルくてちょうどいい「お椀ダンス」

 「おわんわーん♪」という耳に残る曲とともに、ジャングルポケット(斉藤慎二、おたけ、太田博久)が、ユルくてちょうどいいダンスを踊りながら商品をアピール。斉藤のカラダのユルさ具合も絶妙だが、背後のおたけと太田もなかなかのユルい動きで、みんなにちょうどいいCMに仕上がっている。

10位:『SoftBank』 本田翼が一人二役 メロディーに合わせてノリノリダンスも披露

 ソフトバンクから誕生した新ブランド『LINEMO(ラインモ)』のCM。本田翼が歌って踊るチャーミングな姿を描いた楽しい世界観の中で、本田が白い犬をモチーフにしたかわいらしい着ぐるみ姿の自身と、一人二役を演じる。バックに流れる「♪ラインモ 出るんだモン~」「♪ラインモ いいんだモン~」というキャッチーな歌詞と、サーフロック調の力強いメロディーに合わせて、本田が息の合った演技とノリノリの“ラインモダンス”を披露している。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。