吉田沙保里の存在に感謝した深田恭子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の深田恭子が12日、都内で行われた映画『それいけ!アンパンマン ふわふわフワリーと雲の国』公開アフレコイベントに出席した。愛犬に「メロンパンナ」という名前をつけているほど、「メロンパンナ」好きの深田。自身にとっての「アンパンマン」は、元女子レスリング選手の吉田沙保里の名を挙げ、「引っ込み思案の私をどんどん前に引っ張ってくれるので、沙保里ちゃんは私にとってのアンパンマン」と日頃の友好に感謝した。

【動画】キュートなセリフ連発!公開アフレコで照れまくる深田恭子

 シリーズ32作目となる本作は、<雲の国>で生まれた“雲の子・フワリー”とアンパンマンたちが雲の国を救うために大奮闘する物語。〈雲の国〉で生まれ、ドキンちゃんに“フワリー”と名付けられた雲のヒロインを深田、雲の長老役でアンタッチャブル・山崎弘也がゲスト出演として盛り上げる。

 「アンパンマンの映画に出たかったので願いが叶いました。(フワリーのキャラクター画を見て)こんなかわいい役をやらせていただけるなんてうれしかったです。フワリーとの共通点はドキンちゃんが好きなところ」とキュートに語っていた。

 公開アフレコでは「表情を(報道陣の)皆さんに見られているのが恥ずかしかったです」と照れまくっていた深田。山崎の「顔まで長老感が出ていた」アフレコパフォーマンスに感心しきりだった。

 同映画は6月25日より全国公開。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。