“暗黒の20代”に「戻りたくない」と語った佐藤二朗 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の佐藤二朗(51)が12日、都内で行われたサントリー『ボトルtoボトル』のペットボトルリサイクル取り組み発表会に出席した。

【写真】やさしい麦茶に入れ替わってしまった佐藤二朗と驚くなぎさちゃん

 同社の『GREEN DA・KA・RA やさしい麦茶』は、リサイクル素材100%のペットボトルにリニューアル。コンセプトムービーでは、佐藤が“ペットボトル”という異色の役どころに挑戦し、相手役・ムギちゃんを子役のなぎさちゃんが演じた。

 この日のイベントは、今回の取り組みになぞらえて“再生”をテーマにトークを展開。「もし生まれ変わったら何になりたい?」との質問に佐藤は「生まれ変わっても俳優になりたい。俳優が好きなもんでね」と答えつつ「それ以外となると、ちょっと農業に興味がありますね。ただ精神年齢8歳の51歳児なので、畑仕事が根気良くできるかわかりませんが…」と想像を膨らませた。

 同様の質問になぎさちゃんは「髪の毛をイジるのが大好きなので、美容師になりたいです!」と元気よく回答。佐藤が「女優さんにはならないの?」と聞くと、「昔はなりたいと思ってたけど、今は美容師の方が勝ちました!」と笑顔で返した。

 また、「自分の人生で再生したいこと」を問われた佐藤は「暗黒の20代だったので戻りたくはないけど、再生したいかな…。いや、やっぱり戻りたくないのかな…」と頭を悩ませながら「ただ、その時にいろんな方に出会えたので大切な時期でもありました」としみじみ話していた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。