「渡辺えり事務所」を設立したことを発表した渡辺えり

 女優で劇作家・演出家の渡辺えり(66)が12日、12年間所属した「シス・カンパニー」を円満退社し、個人事務所「渡辺えり事務所」を立ち上げることを発表した。

【写真】”20代の箱入り娘”に挑戦した渡辺えり

 渡辺は「この4月より『渡辺えり事務所』を立ち上げることになりました。コロナ禍で、 今後自分が何をすべきか真剣に考えました。現在66歳。 あと何年自分の創作活動ができるのか悩みました。考え抜いた結果、 12年間お世話になった事務所『シス・カンパニー』を円満退所させて頂くことになりました」とコメントを発表した。

 また、「渡辺えりは、 これからもっと自身の創造の世界を追求するつもりです」と決意表明。「初心にかえり、 自分の持つ想像力で世界中の人たちをもっと幸せにできるよう奮起したいと考えております」と掲げ、「これまで同様、 テレビ、 CMをはじめ、 主宰する『劇団3〇〇』(オフィス3〇〇)の演劇活動も活発にやっていくつもりです。コンサートも同様です」と今後について展望している。

 最後は「世界中の弱者一人一人がその個性を発揮できる多様性のある社会をつくれるような自分なりの作品を作り続けようと思います。 今後ともどうぞご支援のほどよろしくお願い申し上げます」と呼びかけた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。