【ニューヨーク共同】週明け12日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、午前10時現在、前週末比54・47ドル安の3万3746・13ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は49・53ポイント安の1万3850・66。

 前週末にダウ平均が過去最高値を更新し、ナスダックも大幅上昇したことを受け、利益確定売りが先行した。米景気回復の加速によるインフレを警戒した売りも出た。