映画『くれなずめ』(4月29日公開)×主題歌・ウルフルズ「ゾウはネズミ色」コラボMV完成 (C)2020「くれなずめ」製作委員会

 ドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズや映画『アズミ・ハルコは行方不明』 『アイスと雨音』など、多岐にわたる活躍を見せている松居大悟監督が成田凌を主演に描く映画『くれなずめ』(29日公開)。このたび、本作の主題歌であるウルフルズ「ゾウはネズミ色」とコラボレーションしたミュージックビデオ(MV)が完成。そのMVのサビ部分で構成されたティザーバージョンがWEBで公開された。

【動画】ウルフルズ「ゾウはネズミ色」MUSIC VIDEO -short version-

 松居監督が、ウルフルズのことが大好きだった友だちとの実体験をもとに描いた作品。友だちへの手紙のような作品だからこそ、松居からのたってのリクエストをウルフルズが快諾して主題歌「ゾウはネズミ色」が書き下ろされた。劇中で6人が赤フン姿でダンスを披露するウルフルズの名曲「それが答えだ!」のアンサーソングを意識して作られた楽曲。

 なお、楽曲は配信シングルとして映画公開に先駆けて今月28日に各配信サイトで配信を開始する。映画を観終えた後にMVを観ると、もう一度泣けてしまうような何度でもかみ締められる味わい深い仕上がりとなっている。

 本作の物語は――高校時代、帰宅部でつるんでいた6人の仲間たちが、5年ぶりに友人の結婚披露宴で「赤フンダンス」の余興をやるべく集まった。めちゃくちゃ恥ずかしいダンスをやりきった披露宴と、二次会の間の妙に長い時間を持て余しながら、高校時代を思い出す。「しかし吉尾、お前ほんとに変わんねぇよな。なんでそんなに変わんねぇの? まあいいか、そんなのどうでも」そう、僕たちは認めなかった。ある日突然、友人が死んだことを。

 成田のほか、若葉竜也、浜野謙太、藤原季節、目次立樹、高良健吾などが出演する。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。