大相撲の元関脇麒麟児で、激しい突っ張りの名力士だった垂沢和春(たるさわ・かずはる)さんが3月1日、多臓器不全のため死去した。日本相撲協会が13日、発表した。67歳。千葉県出身。