バスケットボール男子Bリーグの理事会を終え、オンラインで記者会見する島田慎二チェアマン=13日

 バスケットボール男子のBリーグは13日、オンラインで理事会を開き、2022~23年シーズンの1部(B1)は2部(B2)から昇格する2チームを加え、24チームによる3地区制で争うことを決めた。B2は14チームの2地区制で、3部(B3)からも2チームがB2に昇格する。

 いずれも降格はない。新型コロナウイルスの影響を受けるクラブ経営に配慮し、選手の年俸など人件費の高騰を抑えるための措置で、23~24年シーズンへ向けては昇降格制度を実施する。

 全選手への薬物検査を複数回行う方針も決めた。