安藤サクラ主演、特集ドラマ『旅屋おかえり』NHK・BSプレミアムで2022年1月放送

 「楽園のカンヴァス」などの著作で知られる原田マハ氏の「旅」をテーマにした小説「旅屋おかえり」が、女優の安藤サクラ主演でドラマ化され、NHK・BSプレミアムで放送予定(1回30分、全4回)であることが発表された。

【画像】映画『キネマの神様』も原田マハ氏の小説が原作

 原作は、SNSでは“女性版・寅さん”と呼ばれ、「エキナカ書店大賞」も受賞。脚本は、演劇界の新星・長田育恵氏が手掛ける。来年1月に第1回・第2回「秋田編」を放送(日時未定)、来年秋に第3回・第4回「四国編」を制作予定。

 映画では『万引き家族』、テレビでは連続テレビ小説『まんぷく』での演技が記憶に新しい安藤が、本作で演じるのは、旅の代行業を生業とした元レポーター・丘えりか(通称:おかえり、本名:岡林恵理子)。「よろずやプロ」所属の旅好きのタレントだが、唯一のレギュラー番組『丘えりかのちょびっ旅』がえりかの凡ミスで打ち切られ、仕事がなくなっていたところ、ひょんなことから旅の代行業を依頼され、以後「旅屋」としてよろずやプロを支えることになる。

 きっかけは、事務所に入った一通のメール。「病気の娘の代わりに旅にでてもらえませんか」。えりかと萬鉄壁(よろず・てっぺき)社長(武田鉄矢)は依頼主の鵜野に会うと、そこには病床の娘・真与がいた。真与は半月後の4月23日に、自分の代わりに秋田県の玉肌温泉に旅に出てほしいとえりかに頼む。4月23日…その日に一体何があるのか。えりかは真与の代わりに秋田へ旅立つ。

 秋田に降り立ったえりかを待っていたのは、養鶏場のとぼけたおじさん・阿部悟(勝村政信)と巨大な秋田犬・武士丸。そして玉肌温泉のイケメン湯守・玉田大志(眞島秀和)だった。

 「あるひとの思い」を背負って各地の旅先に出向く“おかえり”は、どんな美しい風景、地元の名産、そして人々と出会うのか。視聴者も珍道中を追体験できるような、ドキュメンタリータッチの新しい「旅ドラマ」に仕上げていく。

 安藤は「視聴者の皆さまと共に旅にでる気持ちで、いってまいります!! おかえりという役に扮し、旅先ならではの様々な出会いをフレッシュに皆様へ届けられるドラマにしたいです」と、コメントしている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。