贅沢なデザートのような仕上がり、スタバ新作の『コーヒー ティラミス フラペチーノ』 (C)oricon ME inc.

 日本上陸25周年を迎えたスターバックスコーヒーから、初夏にぴったりな限定ドリンクが到着。これからやってくる長い夏を盛り上げるサマーシーズン第1弾として、『コーヒー ティラミス フラペチーノ』、『ティー ティラミス フラペチーノ』、『コールドブリュー コーヒー フラペチーノ』、『ダブル トール ラテ シェケラート』の4種が、14日より発売に。早くも「ティラミス好きとしては飲むしかない」「飲みたい新作きた!」とSNSでは話題になっている。まったく味わいの異なるそれぞれの開発秘話と、よりおいしく楽しむカスタマイズを担当者に聞いた。

【写真】25周年グッズ第1弾!ロゴ入りの特別デザインタンブラーやベアリスタなど

■デザート感あふれる1杯「こだわりの“コーヒーケーキクラム”を味わって」

 『コーヒー ティラミス フラペチーノ』は、コーヒーをデザート感覚で味わえる贅沢な1杯。マスカルポーネチーズや卵黄を使用したベースに、コーヒーをしみこませたスポンジケーキを合わせ、リッチなティラミスの味わいを表現。
「一番のこだわりは、店内で抽出したアイスコーヒーをスポンジに染み込ませた“コーヒーケーキクラム”です。香り高いエスプレッソローストと、バニラ風味のスポンジケーキが合わさることで、ほどよいコーヒー感に仕上がっています」(担当者)

 コーヒーケーキクラムとカスタードベースが合わさり、ひと口吸うとまるでティラミスを食べているような感覚に。見た目ほど重くなく、なめらかな口当たりが特徴だ。ホイップにはダークフラペチーノパウダーがトッピングされ、見た目でもティラミス感を演出。満足感たっぷりのデザートフラペとなっている。

 オススメのカスタマイズは、無料のチョコレートソース追加、またはチョコチップ追加(+50円)。
「よりリッチに味わいたい時はチョコレートソースの追加、デザート感をさらにプラスしたい方はチョコチップ追加がオススメです。チョコチップは中に入れて一緒に砕くので、チョコレートの味わいが強まります」(担当者)

 さらに、ティー好きには『ティー ティラミス フラペチーノ』も。こちらは濃厚なアイスティーを染み込ませたスポンジケーキを使用。ブラックティーに華やかな香りのアールグレイ、はちみつを合わせたフラペチーノになっている。

■爽やかな味わいが初夏にぴったり コールドブリュー&シェケラート

 『コールドブリュー コーヒー フラペチーノ』は、今後も定番商品としてラインナップされる新しいフラペチーノ。“コールドブリュー”とは水出しコーヒーのこと。ミルクと、コーヒーのコクと香りを引き立てるブラウンシュガーをプラスして仕上げている。
「コールドブリューは、水にコーヒー豆をつけて14時間かけて抽出。2倍の濃さにすることで、よりまろやかな口当たりに仕上げました。コーヒー好きの方にオススメなのは、コールドブリュー多めのカスタマイズ。ホイップを追加してもおいしく楽しめます」(担当者)

 そして、スタバファンなら必飲なのが『ダブル トール ラテ シェケラート』。これは、25年前に日本第1号店の銀座松屋店で最初にオーダーされた『ダブル トール ラテ』をモチーフに開発された1杯。

 “シェケラート”は、氷にエスプレッソシロップを入れてシェイカーで振ったもので、今回は日本初登場のブロンドローストのエスプレッソコーヒーを使用。相性の良い柑橘系のバレンシアオレンジフレーバーシロップを合わせてシェイクした泡に、カリカリとした食感のフリーズドライオレンジがトッピングされている。
「クリーミーな口当たりと、バランスの取れた甘みのある風味が特徴的。よりコーヒー感を味わいたい方はエスプレッソショットの追加(+50円)、キャラメルマキアート好きの方は、シロップをキャラメルに変更して、無料のキャラメルソースをかけると、“キャラメルシェケラート”を楽しむことができます」(担当者)

 『コーヒー ティラミス フラペチーノ』、『ティー ティラミス フラペチーノ』は、Tallサイズのみ、テイクアウト669円、イートイン682円。5月25日までの販売。『コールドブリュー コーヒー フラペチーノ』はテイクアウトShortサイズ486円からVentiサイズ615円、イートインShortサイズ495円からVentiサイズ627円。『ダブル トール ラテ シェケラート』は、Tallサイズのみの展開で、テイクアウト496円、イートイン506円で6月15日までの販売。全商品とも一部店舗を除く全国のスターバックス店舗で取り扱い、なくなり次第終了となる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。