東京電力の小早川智明社長は14日、参考人として出席した新潟県議会で、柏崎刈羽原発での核物質防護不備などを巡り「大変重く受け止めている。当社が原子力事業を存続できるかどうか大きな危機感を持っている」と述べた。