【ソウル共同】韓国大統領府によると、文在寅大統領は14日、相星孝一駐韓大使と面会し、日本政府が東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出を決定したことについて「地理的に最も近く、海を共有する韓国は非常に強く憂慮している」と述べた。