『ドラゴン桜』に出演する高橋海人 (C)TBS

 人気グループ・King & Princeの高橋海人が14日、TBS系日曜劇場『ドラゴン桜』(25日スタート 毎週日曜 後9:00)の制作発表会見に出席した。

【会見写真】阿部寛、長澤まさみ、平手友梨奈らが意気込み

 今作は週刊漫画誌『モーニング』(講談社)にて2018年から連載中の三田紀房氏による『ドラゴン桜2』を実写化。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』の15年後を描く続編となっているが、今の時代に合わせたエッセンスを入れ、ドラマオリジナルの展開が予定されている。

 16年後の2021年、大学受験は、大きな転換期を迎える。これまでの知識詰め込み型の“記憶力試験”から“実践的な学力を測る試験”へと移行。これは、DX(デジタルトランスフォーメーション)などに代表されるように、社会で必要とされる力が変わってきたことによる必然ともいわれている。“2021年度新受験戦争”に向けてスタートダッシュができる4月だからこそ、時代に合わせて進化した勉強法と受験への心得をドラマのなかで伝授する。

 「僕自身、受験を経験したことがない」と明かした高橋は「受験生という青春を経験することができて、うれしく、楽しく現場に臨ませてもらっています。頑張って、東大合格を目指して勉強したいと思います」と笑顔で意気込んだ。

 前作では「東大専科」の生徒たちとして山下智久、長澤まさみ、小池徹平、新垣結衣、中尾明慶、紗栄子といった面々が出演。今作では、高橋、平手友梨奈、南沙良、細田佳央太、志田彩良、鈴鹿央士、加藤清史郎らフレッシュな顔ぶれが勢ぞろいする。

 出演が決定した際、メンバーたちからは「僕のグループって仕事が決まるときにマネージャーさんから集められて、その前で発表されるのですが、『海人がドラゴン桜が決まったよ!』って言った時は、みんなが飛び跳ねて喜んでくれた」とうれしそうに明かし「みんなの期待を背負って頑張りたい」と改めて気を引き締めていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。