大輪の花を咲かせたボタン=三好市池田町西山の密厳寺

 徳島県三好市池田町西山の密厳寺でボタンが満開となり、境内を彩っている。例年より1週間ほど早い。25日ごろまで楽しめる。

 花びらが赤と白の「島錦(しまにしき)」、赤の「太陽」、黄の「黄冠(おうかん)」など約100種700株が大輪を付けている。県西部のボタンの名所にしようと近藤靖典住職(77)が10年ほど前から植え始めた。

 標高約380メートルの境内には、四国山地や吉野川を望む展望台もある。近藤住職は「美しい新緑の景色と一緒に花を楽しんでほしい」と話した。