STU48の薮下楓がグループ卒業を発表 (C)ORICON NewS inc.

 瀬戸内7県を拠点に活動するアイドルグループ・STU48の薮下楓(やぶした・ふう、20)が16日、動画配信サービス「SHOWROOM」の生配信でグループからの卒業を発表した。

【写真】姉の薮下柊は2017年にNMB48を卒業

 卒業自体は「結構前から決めていた」といい、コロナ禍で将来のことについて考えることが増えたことで「あ、ここまでかもしれない」「アイドルとしてはここまでだな」と思ったと胸中を吐露。「悩んだり苦しんだりという時間ももちろん成長につながると思うし、いいほうに転んだりするかもしれないんですけど、私の人生の中では笑顔でいる時間が長いといいなと思って、卒業という判断をすることになりました」と語った。

 6枚目シングル「独り言で語るくらいなら」関連の活動はすべて参加するといい、卒業は7月末ごろの予定。「次にやりたいこと、セカンドキャリアももちろん考えている」と語ったが、「芸能界を続ける予定はないです。SNSもするつもりはないです」と言い切った。

 薮下は2017年3月、STU48の1期生オーディションに合格。姉は元NMB48の薮下柊。19年4月から体調不良で活動休止していたものの、同年8月22日に復帰していた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。