『ドラゴン桜』出演の志田彩良、人生初の始球式(C)TBS

 俳優の阿部寛が主演するTBS系日曜劇場『ドラゴン桜』(25日スタート 毎週日曜 後9:00)に出演する志田彩良が、18日に横浜スタジアムで行われるParavi冠試合「Paraviデー」(横浜DeNAベイスターズVS読売ジャイアンツ)で人生初の始球式に挑戦することが決定した。

【写真】”難敵”を演じる江口のりこら『ドラゴン桜』キャスト陣

 『ドラゴン桜』は、週刊漫画誌「モーニング」(講談社)にて2018年から人気連載中の三田紀房による『ドラゴン桜2』が原作。2005年に放送された前作ドラマの原作である『ドラゴン桜』(2003年~07年連載/講談社)の15年後を描く続編だが、今作は今の時代の日曜劇場でやるべきエッセンスを取り入れたドラマオリジナルの展開が予定されている。

 今回の始球式に登場する志田が『ドラゴン桜』で演じるのは、成績は学園文系トップで優秀だが受験に興味がなく、卒業後は就職を考えている生徒・小杉麻里(こすぎ・まり)。受験に興味がないのは一体なぜなのか。ほかの生徒とも、教師とも距離を置く彼女の秘密とは。

 今回の始球式を前に、志田は「まさか自分の人生でマウンドに立てる日が来るとは思ってもみませんでした。今から想像するだけで緊張してしまいますが、こんな貴重な経験をさせていただける機会はきっと一生に一度だと思うので、この幸せをかみしめ、存分に楽しみたいと思います。正直球技に自信はありませんが、作品にかけている思いを球に乗せて全力投球します!」と意気込んでいる。

 始球式の模様は、18日の午後1時45分からParaviで配信される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。