アニメ「最果てのパラディン」のキービジュアル

 小説『最果てのパラディン』(著:柳野かなた、イラスト:輪くすさが)が、テレビアニメ化されることが決定した。10月より放送がスタートする。

【動画】アニメ『最果てのパラディン』のPV

 2015年5月からWEB小説投稿サイト『小説家になろう』にて連載がスタートした同作は、「生死」に真摯に向き合った胸をうつストーリーと王道ハイファンタジーの世界感が話題を呼び、2016年3月に書籍化、2018年3月にはコミカライズ化(漫画:奥橋睦)された人気作。

 スタッフは監督を信田ユウ、シリーズ構成を高橋龍也、キャラクターデザインを羽田浩二、アニメーション制作をChildren’s Playground Entertainmentが担当。メインキャストとして、ウィル役は河瀬茉希が、ウィルを育てていく不死者のブラッド役を小西克幸、マリー役を堀江由衣、ガス役を飛田展男ウィルと今後出会うこととなるハーフエルフのメネル役を村瀬歩が演じる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。