「次世代のスターを探すオーディション」の応援団長に就任した森崎博之

 お笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次が総合司会を担当する、NHK北海道の3時間超の生放送特番『北海道 スタジアム 春ノ陣』がきょう19日午後7時30分から北海道管内で生放送(「NHKプラス」見逃し配信あり)。番組内で、「次世代のスターを探すオーディション」と「アートの才能を発掘するプロジェクト」がスタートすることが、発表された。

【写真】オーディションの審査および指導を担当する斎藤歩

 「次世代のスターを探すオーディション」は、「次のTEAM NACSは誰だ?道スタ・オーディション!」と題し、オーディションで合格した人は『北海道スタジアム 冬ノ陣』で制作予定の長編ドラマへの出演が決定する。応募資格は北海道出身または、北海道在住の15歳から35歳。応援団長には、TEAM NACSの森崎博之が就任し、オーディション審査および指導には釧路市出身の俳優・斎藤歩が参加する。

 オーディションは主に札幌で進行し、今夏放送予定の『夏ノ陣』でその様子が紹介され、秋ごろ放送予定の『秋ノ陣』で合格者を発表。そして、21年度末放送予定の『冬ノ陣』でドラマが放送される。応募は5月20日まで。

 「アートの才能を発掘するプロジェクト」は、『夏ノ陣』へ向けて、番組独自のVTuberキャラクターを開発するプロジェクトを始動。そのキャラクターのベースとなるイラストを広く募集し、応募資格は北海道出身または北海道在住であること。締め切りは5月9日。

■森崎博之コメント
北海道の皆さんには、多方面で才能を開花させてほしい。今できなくても、努力すればできることは必ず増えていきます。北海道という場所は、そうした多くの可能性を見出せる場所であってほしいと願っています。そして今回オーディションに参加いただく皆さんには、ぜひ北海道の良さを伝えたいから、北海道でデビューしたいというくらいの北海道愛を持っていてほしいです。

■斎藤歩コメント
ぜひ道内各地、179市町村から、多くの皆さんに参加してほしいと思います。「うまい・へた」ではなく、“気になる”存在に出会えたら幸せです。出会いに期待しています。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。