『ゼクシィ』6月号表紙を飾る13代目CMガールの堀田真由

 結婚情報サービス『ゼクシィ』6月号(リクルート/23日発売※一部地域を除く)の表紙にゼクシィ13代目CMガールの堀田真由(23)を、綴じ込み付録の花婿向けの結婚準備BOOK『彼専用ゼクシィ』に鈴木仁(21)をそれぞれ起用することが決定。また、堀田、鈴木ともに昨年に続いて『ゼクシィ』CMへの出演も決まった。

【写真】『彼専用ゼクシィ』で”等身大花婿”に挑戦する鈴木仁

 撮影時には「ゼクシィスマイル」を意識したという堀田。今回は薄ピンク色のバラに包まれ、柔らかい雰囲気の撮影となった。ウエディングドレスにも一つひとつ花が散りばめられており「かわいすぎる」花嫁姿に仕上がっている。一方、鈴木は「がんばりすぎない」等身大花婿役に挑戦。リラックスした撮影となり「いい意味で ナチュラルすぎて撮影と感じなかったです」と話している。

 『ゼクシィ』CMに2年連続で出演することが決まった2人。鈴木は「CMで描かれている ような明るい未来が、結婚を決めたどんなおふたりにも待っていると信じています。いろいろなことがありすぎて落ち込んでしまったり、暗くなったりしてしまう人が多かった2020年ですが、『ゼクシィ』やそのCMを見て、少しでも幸せな雰囲気を感じてもら えるとうれしいです」とコメント。堀田も「素直にすごくうれしいですし、『ゼクシィ』の幸せな雰囲気をしっかり伝えていきたいです」と抱負を語った。

 「2020年度を振り返って」という質問には、2人そろっていつも支えてくれている人たちへの感謝を口に。家族や友人のほか、仕事の現場でも「移動中に広告見るよ」という声が多く、周囲からの反響がありがたかったそう。

 特に、堀田は自身が表紙を飾った昨年12月発売号の表紙と一緒に「結婚します」とメッセージが知人から送られてきたそうで「身近に手に取ってくれた方がいてとてもうれしかったです」 。鈴木は「大変なことも多いご時世ですが、『ゼクシィ』やそのCMを見て少しでもほっこりしてくれた人がいてよかったです」と話している。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。