首相官邸で記者の質問に答える菅首相=19日午前

 菅義偉首相は19日、米製薬大手ファイザー社首脳との電話会談で新型コロナウイルスワクチンの追加供給に実質合意したことを巡り、16歳以上の国民全員分に関し「9月までに供給されるめどが立った」と表明した。官邸で記者団の質問に答えた。ワクチン接種への取り組み強化をアピールした形だ。具体的な数量や契約内容には触れなかった。

 米ワシントンでの日米首脳会談の成果については「バイデン大統領と個人的な信頼関係を構築することができた」と強調した。