JO1が東日本大震災復興支援に約185万円を寄付

 グローバルボーイズグループ・JO1が東日本大震災から10年の節目の今年3月11日から同31日にかけて実施した『JO1×heyhey スペシャルチャリティイベント』の売上の約185万円を寄付したことを19日、発表した。

【写真】「人狼ダンス」でわちゃわちゃするJO1のメンバーたち

 『heyhey』は“タレントから自分にパーソナライズされたメッセージが欲しいファンと、“ファンとのエンゲージメントを高めたいタレント”をマッチングさせることで、慈善活動も実現するサプライズ&ソーシャルリターン型コミュニケーションプラットフォームサービス。ユーザーが選択したタレントへ自分の想いを込めたリクエストを送り、それに対してタレントがリアクションムービーを送り返す仕組みとなっており、サービスを通して発生する売上の一部は社会貢献活動金として拠出される。イベント期間中に『heyhey』で一律500円(税込)の寄付を行うことで、もれなく応募者全員にJO1からのメッセージが届く仕組みとなっていた。

 のべ約4000人が参加し、売上の100%の184万2750円が東日本大震災の復興支援を行う公益財団法人の東日本大震災復興支援財団へ寄付された。

 チャリティ発表の際、JO1は「この度東日本大地震から10年が経ちました。被害に遭われた方々やご遺族の方には心よりお見舞い、お悔やみ申し上げます。3.11の震災と被災地のことを忘れない。まだまだ困難な状況が続いている皆さんのために、僕たちと一緒に東北地方の復興を支援しましょう」とコメントしていた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。