徳島県教委は20日に各市町村教委などに送った通知で、部活動の時間短縮や練習試合の禁止を要請した。

 通知によると、学習指導では、児童生徒が対面形式となるグループワーク、近距離で行う合唱や調理実習、運動などは行わない。県境を越える修学旅行や遠足などの校外行事は延期も検討してもらう。部活動は密集や接触を避け、活動時間を平日2時間、休日は3時間までとする。県内外を問わず、合宿や他校との練習試合、県外からの講師の招へいも禁止する。

 この日開いた対策会議で榊浩一教育長は「小中高に整備した端末を活用し、学びを確保してほしい」と指示した。