映画『東京リベンジャーズ』本ポスタービジュアル(C)和久井健/講談社(C)2020 映画「東京リベンジャーズ」製作委員会

 俳優の北村匠海が主演を務める映画『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)の本予告映像と本ポスタービジュアルが21日、解禁になった。

【動画】『東京リベンジャーズ』主題歌入りの予告映像解禁

 原作は、和久井健氏による人気漫画。主人公のタケミチ(北村)は、ヤンキーだったころに付き合った彼女・橘ヒナタとその弟・ナオトが関東最凶の組織“東京卍會”に殺されたことをニュースで知る。事件を知った翌日、駅のホームにいたタケミチは何者かに背中を押され線路に転落―。死を覚悟したタケミチだったが10年前にタイムスリップする。そこでナオトに遭遇し「10年後ヒナタは殺される」と伝えたことで未来が変化。逃げ続けた人生を変えるため、最凶不良軍団に挑む彼らの挑戦が描かれる。

 予告映像は、タケミチの元恋人が殺されたという展開からスタート。その後、線路に突き落とされたタケミチは、目覚めると高校時代に戻っていた。キヨマサ(鈴木伸之)にボコボコにされて自暴自棄になるも、ヒナタ(今田美桜)に心奪われる。

 そして、東京卍會の総長・マイキー(吉沢亮)の「潰すぞ!」という掛け声とともに、漆黒の特攻服を着た男たちが雄叫びを上げ、タケミチも圧倒される。さらに、副総長・ドラケン(山田裕貴)に威圧されるも「二度と譲れねえもんがある」とタケミチが覚悟を決めるシーンも盛り込まれている。また、映像ではSUPER BEAVERが手掛ける主題歌「名前を呼ぶよ」も初解禁された。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。