松茂まちづくり推進機構が貸し出す軽のキャンピングカー=松茂町広島

松茂まちづくり推進機構が貸し出す軽キャンピングカーの車内=松茂町広島

 5月1日にオープンする徳島県松茂町広島の交流拠点施設「Matsushigate(マツシゲート)」でにぎわい創出事業に取り組む一般社団法人松茂まちづくり推進機構は、9日から軽自動車のキャンピングカーを貸し出す。4台をマツシゲートに用意し、観光客らに利用してもらう。

 キャンピングカーはいすを倒すと平らなベッドになり、大人2人が寝られる。4台のうち3台は天井部分が持ち上がってテントのようになり、子ども2人分の就寝スペースになる。

 車内には手洗いができるシンクやコンセントを備える。四輪駆動に切り替え可能。1台はお遍路さんが対象で、車内に笠や金剛杖(づえ)を置く場所があり、和風の装飾が施されている。町が車両を購入し、機構に貸与した。

 利用料は1日1万3千円と保険料(2千円または4千円)。期間や距離に制限はない。近くマツシゲートのホームページで申し込み受け付けを始める。