大石昌良 (C)ORICON NewS inc.

 シンガー・ソングライターの大石昌良(オーイシマサヨシ/41)が21日、声帯ポリープの切除手術をし、無事に終えたことを自身のツイッターで報告した。

【写真】「手術終わりました」直筆メッセージで手術終了を報告した大石昌良

 手術については2020年2月に公式サイトにて所属事務所が「ご報告ではございますが、以前より診断を受けておりました、声帯ポリープの切除手術を本人と協議の上、近日中に行うという判断をいたしました」とし、「ファンの皆様にはご心配をおかけいたしますが、現在軽度のもので、手術に伴う入院期間なども短く、5月に予定しておりますワンマンライブまでには皆様の前に元気な姿をお見せできるよう、しっかりと準備してまいります」と報告していた。

 その後、新型コロナウイルスの影響もあり、緊急事態宣言などの情勢を見て、予定していた手術を延期しており「急を要する手術ではないという病院側との判断です」と自身のツイッターで伝えていた。

 そして、今年4月6日に「この度、声帯ポリープ手術を行うため4月下旬から約1ヵ月ほどお休みをいただく運びとなりました! ファンの皆様や関係者の皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけいたしますが、しっかりメンテナンスして新しい歌を届けたいと考えておりますので、引き続きご声援のほどよろしくお願い致します!」と改めて報告。

 手術前の19日に「手術前最後のお仕事でしたー! いよいよ明日入院、明後日手術!なんか時間潰せるもん教えてくれ」、20日に「入院したぞ!」とファンに呼びかけ、そして本日21日午前10時に「手術いってくる!!!!」とツイートしたあと、午後1時に「手術終わりました」と直筆メッセージ(写真)で伝えた。

 大石はアニメ『けものフレンズ』のオープニングテーマ「ようこそジャパリパークへ」の作詞作曲や、オーイシマサヨシ名義で自身が歌ったアニメ『月刊少女野崎くん』のオープニングテーマ「君じゃなきゃダメみたい」などで知られる。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。