新感覚エンターテインメント『劇メシ』の最新作『パセリがすねた』でW主演を務める濱田龍臣

 俳優の濱田龍臣(20)と宇佐卓真(21)が、レストランを舞台に食事と連動してストーリーが展開される新感覚エンターテインメント『劇メシ』の最新作『パセリがすねた』(5月23日・24日/東京・表参道バンブー)でW主演することが決定した。

【写真】「パセリ」を演じる宇佐卓真

 同作に登場するのは「新じゃが」「パセリ」「トマト」「バジル」「牛バラ」など、個性あふれる食材たち。5月に旬を迎える「新じゃが」が、自身のフルコースを作ろうと意気込んでいると「パセリ」が「自分だけどうして食べてもらえないのか」とその虚無感に耐えられず失踪してしまう。

 当初の計画を崩したくない「新じゃが」はなんとか「パセリ」を連れ戻そうとするが、仲間たちが代役として「バジル」を呼んでしまい、レシピも信頼関係もぐちゃぐちゃになっていくドタバタコメディーとなる。

 「新じゃが」役を務める濱田は、旬の食材として「コース料理の主役になる!」と意気込み。「新じゃが」という役どころに「皆さんに『新じゃが』の良さをお伝えできるように頑張ります! 個性あふれる食材たちのフルコースを是非楽しみにしていて下さい」とコメントしている。

 そんな新じゃがの友だち「パセリ」役を演じる宇佐は「食べ物の役は初めてで、演技審査のときも最初は不安でしたが、生活する中で最も身近な"食"という存在だからこそ受け入れやすくもあり、難しくもありました」と語るも、主演に決まり「新しく刺激的なスタイルの舞台に立てる日が楽しみです!」と期待に胸を膨らませる。

 なお、今作は、新型コロナウィルスの感染拡大予防のため、観客数をごくわずかに限定し、公演期間もわずか2日間のみで実施。しかし、多くの人に見てもらえるよう、最新のライブ配信技術を用いて、会場でのリアルな芝居を全公演生配信する。公演や配信の詳細は後日発表。また、「トマト」「バジル」「牛バラ」やほかの野菜たちなど、ほかのキャストたちは後日発表する。

■コメントは以下のとおり
【濱田龍臣】
今回、「新じゃが」役をやらせていただくという事で、すごく楽しみです。
皆さんに「新じゃが」の良さをお伝えできるように頑張ります!
個性あふれる食材たちのフルコースを是非楽しみにしていて下さい。

【宇佐卓真】
パセリ役を演じさせていただきます、宇佐卓真です。
今回オーディションを経てこの役に選んでいただきました。
演技審査のときも、食べ物の役は初めてで最初は不安でしたが、
生活する中で最も身近な"食"という存在だからこそ受け入れやすくもあり、難しくもありました。
新しく刺激的なスタイルの舞台に立てる日が楽しみです!


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。