徳島県小児科医会 日浦恭一(徳島新聞朝刊 満1歳にて掲載)

 子どもの鉄欠乏性貧血はそれほどめずらしい疾患ではありません。とくに成長の著しい乳幼児期や思春期には多く見られます。しかし多くの貧血は徐々に発生しますから症状に気づかずに経過することが多いものです。

 身体に含まれる鉄には肝臓などに貯えられている貯蔵鉄、血清中の鉄、赤血球内の血色素に含まれる鉄があります。

 供給される鉄が不足し、消費される鉄が多くなった場合には体内の鉄欠乏状態になります。するとまず貯蔵鉄が利用されて減少し、次いで血清中の鉄が減少します。利用できる鉄が減少すると赤血球数は減少せずに、赤血球に含まれる血色素が少なくなって赤血球も小型になります。これが貧血の状態です。

 明らかな貧血がなくても鉄欠乏状態は病的な状態です。鉄は血色素の構成成分だけでなく神経系にとっても重要な成分で、鉄欠乏状態になると発達障害、易刺激性の亢進、注意力の低下、情緒障害、学習障害などの精神神経症状が現れることがあると言われます。

 とくに問題になるのは成長期にある乳児期後半に、適切な離乳食が進まずに鉄欠乏状態になることです。胎児期に母体から移行した貯蔵鉄は乳児期後半には枯渇します。離乳食で適切な鉄が補充されなければ体内は鉄欠乏状態となります。徐々に進行した鉄欠乏状態は症状から貧血を発見し難く、気づかずに経過していることがあります。

 早産児や先天性心疾患などの貧血のリスクを持つ乳児だけでなく、健康乳児でも離乳食の遅れは鉄欠乏性貧血になる可能性があります。