与党は22日の衆院憲法審査会に先立つ幹事会で、国民投票法改正案を5月6日の憲法審で採決する日程を提案した。野党は持ち帰った。