米航空宇宙局(NASA)は22日、火星の探査車パーシビアランスに搭載した実験装置で火星の大気の大半を占める二酸化炭素(CO2)から酸素をつくり出すことに成功したと発表した。