スマートフォンを使った本人確認手続き「ショートメッセージサービス(SMS)認証」について、警察庁は22日までに、手続き代行業者が存在し犯罪インフラ化している可能性が高いとして、全国の警察に取り締まり強化を指示した。格安スマホ事業者団体に契約時の本人確認徹底も申し入れた。

 SMS認証は一般的に、利用者がIDやパスワード、電話番号を入力すると、アプリ運営者側がその番号にSMSで「認証コード」と呼ばれる数字などを送信、受け取った利用者がコードを入力して承認を受ける仕組み。電子決済アプリなどで使われ、本人確認の手段として普及している。