東京・渋谷のスクランブル交差点をマスク姿で行き交う人たち=22日午後

 政府が東京、大阪、京都、兵庫の4都府県への新型コロナウイルス緊急事態宣言発令に伴って策定した具体的措置の原案が22日判明した。酒類を提供する飲食店に休業を要請し、社会生活の維持に必要なものを除いてイベントは原則無観客とする。地下鉄やバスなど交通事業者に対し、週末と休日の減便、平日の終電繰り上げを要請する方針も盛り込んだ。期間は4月25日から5月11日とする方向だ。菅義偉首相は23日の政府対策本部で宣言発令を決定する。今年1月に続き3度目となる。

 政府は宣言に準じた対応が可能になる「まん延防止等重点措置」の対象に愛媛県を加える方向で調整している。