『ぶっとび!飛美男くん』左から)松尾駿、粗品、鷲見玲奈、藤本万梨乃フジテレビアナウンサー

 フジテレビのコントを中心とした総合バラエティ番組『新しいカギ』が、23日から放送をスタートする。出演は霜降り明星、チョコレートプラネット、ハナコの3組。数々の伝説的なコント番組を世に送り出してきた同局だが、今まさに勢いのある旬の芸人を起用したコント番組をレギュラー放送するのは実に久しぶりのことだ。しかも、金曜8時という激戦区で勝負をかける。その狙いについて、総合演出を務める同局の木月洋介氏に話を聞いた。

【画像】衰え無し?ダウンタウン、20年以上前の『ごっつええ感じ』コント名場面

■『やるやら』『ごっつ』に憧れてフジ入社、念願の『ピカル』立ち上げも3年で終焉に…

 『新しいカギ』は、今年1月に正月特番として放送され、Twitterのトレンド入りを果たすなど反響が大きく、特に小学生~30代の個人視聴率が高かった。またSNSには「こういうコント番組を待っていた!」と、フジテレビ制作のコント番組に期待を寄せるコメントも散見された。

 かつては『欽ドン!』(72年-79年)に始まり、『オレたちひょうきん族』(81-89年)、『ウッチャンナンチャンのやるならやらねば』(90-93年)、『ダウンタウンのごっつええ感じ』(91-97年)、『笑う犬』シリーズ(98年-03年)など、数々のコント番組で社会現象を巻き起こしてきたフジテレビだが、近年はめっきり鳴りを潜めていた印象がある。

 ところがここに来て、コント番組復興の兆しが見られる。その理由を木月氏は「昨年よりフジテレビが若い世代をメインターゲットとした番組制作の方針に大きく舵を切ったからです」と明かしている。

 木月氏は、『やるやら』や『ごっつ』に影響を受けて「フジテレビでコント番組を作りたい」と入社。念願叶って『ピカルの定理』(10-13年)で初めてディレクターとしてコント番組の立ち上げから携わった。

 ところが、近年はお笑い番組の企画が通らない状況が続いたという。その理由は視聴率に他ならない。「一般にコント番組を好むのは若い世代。かつての伝説的番組を支えていたのも、当時の若者たちだったはずです。しかし現代にコント番組を作ろうとすると、若い世代の人口比率の少なさが影響し世帯視聴率の指標においては絶対に苦戦してしまうんです。」

■視聴率に苦戦するコントは企画が通らなかった… 昨年からの“追い風”にすかさず掴んだ好機

 それでもコント的なものをどうにか残したいという思いで木月氏が企画したのが、『痛快TV スカッとジャパン』。「『ピカル』が終了してしまったときに、どうやったら世帯視聴率と折り合いをつけながらコントのようなお話ものの番組を残せるか考えて企画した番組なんです」

 コントの形をドラマ風に変え、俳優を起用し、スカッとする結末に向かうカタルシスを設けることで世帯視聴率とも両立できる人気番組を作り上げた。

 しかし全世代がお茶の間に揃う光景を前提とした世帯視聴率の測定は、もはや現実を表すものではなくなった。昨年3月に視聴率の指標が「世帯」から「個人」に移行するとともに、地上波キー各局ではそれぞれメインターゲットを明確化させた。フジテレビでは、昨年10月の改編より、「キー特性」と名付けた13~49歳に重点を置いた番組編成を本格化させている。

 図らずもコロナ禍による在宅率の高さから、若者のテレビの接触回数が増えた時期でもあった。昨年2度にわたって不定期放送された大型コント番組『ただ今、コント中。』(フジテレビ系)で、サンドウィッチマンやバイきんぐといった手練の芸人たちが織り成すスタジオコントに魅了された若者も多かっただろう。こうした追い風のもと、『新しいカギ』はいきなり金曜8時という激戦区に切り込んだ。

「『ピカルの定理』をはじめ、過去の多くのお笑い番組がそうだったように、当初は深夜番組で、演者の3組とスタッフのチーム感を固めてからゴールデンに臨むイメージでいました。ですがフジテレビは今こそ"フジテレビのコント番組"を世に問う絶好のタイミングと捉えて勝負をかけたいようです」

■ドリフターズ時代から脈々と受け継がれるノウハウ、“安全に崩れ落ちる”美術スタッフの熟練技

 数々の伝説的コント番組を生み出してきたフジテレビの原動力は、「画面には映らない美術・技術・制作スタッフのノウハウとプライド」にあると木月氏は語る。

「制作スタッフが台本を100%作り上げた上で収録に臨むのが、スタジオコントというもの。さらに芸人さんが現場で繰り出すアドリブが、100%を超える笑いを生み出します。その笑いの要素をいかに逃さずに面白い画面サイズに納めるか、カメラを切り替えるかといった技術スタッフの技能と経験値が問われるのがコント番組です」

 広大なスタジオに大掛かりなセットを組めるのも地上波のコント番組ならではで、劇場やYouTube等とも異なる笑いが生まれる要素でもある。

「たとえばドリフターズさんなどがよくやられた、組み立てられたセットがガラガラと崩れ落ちるコント。フジテレビにはああいった大仕掛けを安全に成立させてきた熟練の美術スタッフがいますし、またそのノウハウは若手スタッフにも脈々と受け継がれています。『新しいカギ』でも、そういった予算と技術がなければできない仕掛けをどんどん披露していきたいと思っています」

■バカ殿、パーデンネン、ノリダー…人の心に刺さるのは“キャラクター” コンテンツに溢れた今、“みんなで共有するネタを”

 もちろん主役は画面に映る芸人たち。さまざまなジャンルのコントの中でも、木月氏は「人気キャラクターを生み出したい」と抱負を語る。

「ある大物MCの方が言っていたんですが、『人々の心に刺さるのはキャラクターである』と。伝説に残る芸人さんは日本人の心に刻まれているキャラクターがあるんですよね。志村けんさんのバカ殿しかり、明石家さんまさんのパーデンネン、木梨憲武さんの仮面ノリダー、内村光良さんのミル姉さん、ガレッジセール・ゴリさんのゴリエなど、コント番組からは数多くの愛されるキャラクターが誕生してきました。『新しいカギ』の正月特番ではチョコプラ・松尾さんが扮する『ぶっとび!飛美男くん』が好評で、SNSに二次創作イラストが多く投稿されていてうれしかったです。芸人さんにとって番組終了後も財産になるようなキャラクターがここから生み出せたら本望ですね」

 子どもたちがコント番組の人気キャラを真似する光景もかつてはよく見られたが、コンテンツに溢れた今の時代、そうした「みんなでネタを共有する」現象はなかなか起きにくくなった。しかしチャンネルを合わせれば勝手に流れてくるのが、地上波テレビの懐の深さ。その特性を存分に発揮して、全国を爆笑の渦に巻き込めるのか?同番組が成功するか否かで、今後のコントコンテンツの行方が大きく左右されることは間違いない。

(取材・文/児玉澄子)


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。